rock。

翌日は体調を見ながら登校させ、3時の帰りを待つ。今日は帰ったら娘を耳鼻科に連れていく日だから。胃腸症状は全く無いので、内科は行かず耳鼻科のみ行く事に。その前に父から電話が入る。実家に持っていった布団セットをうちに返すから、今から来るという。これから病院なので不在だと返すと、同じ町のオートバックスに用があるからついでに送ると言ってきた。母上は来ないとの事なので、乗せて貰う事に。貰うっつうか、夫が倒れて二年ずっと月イチも乗らない実家のガソリン代全部私持ちなんだから、乗せろやボケが!!という気分だ(笑 

私と娘は耳鼻科父は店にそれぞれ行き、用を終えたら合流。病院は前回程混んでおらず、多少スムーズに進んだ。そして終わると父が腹が減ったと言い出す。そしてまたジョリパがいいと言う。本当、ジョリーパスタさんうちの両親CM起用しませんか?(笑 中毒といっていい程愛してますよ、そちらのパスタ。私はまだ空腹じゃなかったので、娘と父だけ店に行って貰い、私は一人そこから徒歩二分のドラッグストアへ買い物に。ここ、いつも安い。ヘアカラーなんて100円も違うし私が探していたものも売っているし。ちなみに探し物が何かは後述。とにかく点鼻薬も他店が1300円→980円など何もかも安いので、両手にずっしり買い物しまくり。
b0374179_01251521.jpg
ついでにジョリパに合流後、私と夫のパスタをテイクアウトで頼んだ。ここのテイクアウト容器は凄く工夫されていて、扱いやすいし食べやすい。パスタも冷めてももちもちで美味しいままだった。で、娘に薬を飲ませて自分と夫も食事し、お風呂に入って落ち着いたら、今日買ったあるものを取り出す。ドラッグストアで探していたあるものとは、ピアッサー。。。

私なら夫が障害者なら化粧もピアスもせず、ざんばら髪縛るだけで下向いて歩くわ~

と母上に言われたので、反骨精神でピアスホール増やしてみた。反骨精神とは糞みたいな主張や因習に歯向かう気概だ、rockだ。裕也さん天から見てますか、私の精神はrockです、旦那が障害者のくせによくピアスなんて出来るわねと言われたので、外すのではなくむしろピアスホール増やしてやりました。
b0374179_01510420.jpg
という気持ちは30で残り70はただ、半端なロブの空きに一個増やしたいなぁ~と思っている所にたまたまピアッサー扱ってる店に行ったから、買って開けただけだ。開けたのは一番下。一個ずつ自分で増やしているので位置がずれているが、シャフトが飾りの上にあるピアスなどを組み合わせて、ずれを隠せばいいかな。いくつかピアッサーで開けて分かったのは、ピナックというメーカーのピアッサーは驚く程簡単に開けられるという事。今回と上から二番目に使ったが、ピナックはピアスガンが固くないので力を入れずにあっという間にワンタッチで開く。刺す時も全く痛くなく、刺した後も痛まないし出血しない。別メーカーのはガン部分が固く思いきり力を入れないと刺さらず、ピアスが半端に刺さって宙ぶらりんになったり失敗しがち。しかも痛いし。これから開ける人、ロブなら簡単で失敗しないピナックでやるのがお薦めです。

翌日は娘は休みなので私も少し寝坊。いつもより40分布団の中で微睡んだりうだうだして起きた。毎朝見ていたまんぷくももう少しで終わり。
b0374179_01391254.jpg
一話から夫と一緒に、土曜は娘も一緒に楽しんできた。麺の下部が折れてしまう問題に突き当たる萬平さんに、思わず「カップの真ん中に麺を浮かせるのですよ萬平さん…カップサイズを調整するのです…更に製造時、カップに麺を入れるのではなく、麺にカップを被せるのです…これで輸送時の衝撃にも耐えられます…」と以前公式サイトで見た知識を念にして送る。頑張れ萬平さん。
b0374179_01404376.jpg
そして食べたくてどうしようもなくなり、思わず朝ご飯をカップヌードルに。いつも具が変わっていると思っていたが、洋風を意識していたんですな。そしてやっぱり何度食べても美味しい。

昼はNさんをお招きしてお茶。Nさんは自宅に来てと誘ってくれたのだが、祝日で家に子供が居たので子連れで訪問するより、我が家にお招きした方が良いと思い逆に誘う事に。コーヒーを淹れ、お土産のチョコレートをテーブルに出しトーク。どこでも小姑ってのはウザいものだなぁ(笑 Nさんは結婚披露宴の余興にまで口出しされたらしい。。。娘はその間は大人しくお絵描き。Nさんは次はカフェに一緒に行こうね、と約束してくれた。そのうち女三人の女子会しようかねぇ。

夕方にはケアマネさんの訪問も。今年度の介護保険の認定がおりていないので、色々弊害があるとの事。毎月出されるはずのケアプランの書類も今月は出ないし、4月始めには通所施設の担当、ケアマネさん、私で会議もせねばならないとの事。よく分からない…私はやってくれとお国から言われた時期に然るべき手続きをしていて、それでも認定が降りないのは私の及ばぬ所なのだが。別に介護保険は通所施設の利用以外使ってないし、おりなきゃおりないでいいや。と思いケアマネさんに言うと、これだけ障害があっておりない事は無いと返った。だが介護保険があるからといってなにがしかお金が出るわけでなし、無ければ通所に通えないだけの事。どちらでもいいや。夕食は今夜は簡単に、惣菜の野菜天&海老天を出した。
b0374179_01253549.jpg
それと娘のリクでおにぎりも。周りはのりたま、中身は減塩焼きたらこ、海苔はパリパリというリク通りに作った。私は梅干しおにぎりも。今夜はそれらと食後にミカンと種無しブドウ。家族を寝かせたら今夜はいつも利用しているボディピアスのサイトを眺めて、ポチりながら寝るまで過ごす。ピアスホールが計七個にもなると、さすがに目立つ。
b0374179_01463541.jpg
今まではバナナバーベルやスパイラルなど変わった大きく垂れ下がるピアスをいくつも着けていたが、小さなジュエルとシャフトが飾りの上にあるピアス(ずれ隠し)を組み合わせて着けようと思案中。とりあえずジュエルキャッチから探した。そのついでに、手持ちのピアスはシャフトが長く飾りが飛び出てしまうので、短いシャフトも購入。キャッチだけ、シャフトだけを別々に買い好きな組み合わせが出来るのはボディピアスならでは。ちなみに一日経過し入浴もしたが、ピナックで開けた最新ホールは痛みも膿みも全くなし、順調。

# by eriririririn | 2019-03-21 23:59 | 退院後。 | Comments(0)

姉一家里帰り2。

帰省最終日も我が家で姉はお泊まり出来たので、夜は娘、私、姉の三人で女子会。でもいつまでも姉にまとわり付きたい娘だが、明日は学校なので寝かさないと。その前にお風呂に入れる事に。
b0374179_00594650.jpg
風呂上がりは姉に髪を乾かして貰い、カーラーを巻いて貰い大喜び。娘に後から「ねえねが持ってる髪巻き巻きするの、うちに無いの?」と聞かれたが、すまん…あれは真っ直ぐな髪をカールさせるモノでな。ママは悲しいかな、天然パーマでチリッチリだから巻かなくてもスタイリング剤も使わずブローだけで形状記憶するから持ってねんだ…(笑 翌朝は娘を学校に送り出し、その後もゆっくりと朝御飯&コーヒー。娘は玄関まで見送る姉に何度も「学校から帰っても居るよね?帰らないよね?」と確認 のんびり話しながら娘の下校を待ち、3時過ぎに実家へ。ほどなくして甥っ子と義兄が到着した。

最後に会ったのはほんの2~3年前。周りはまだ娘と同じ年頃の子供ばかりなので、中学生三年間で人間がどれ程の成長を遂げるか全く分からない。背が伸びたとは聞いていたが、想像がなかなか出来なかった。玄関を入った甥っ子を見てしばし唖然…。ものっすごいイケメンになっていた。背は173㎝になり脚がめちゃくちゃ長くなってる。一番驚いたのは声。声が全く変わっていた。女の子は基本いきなりは変わらず、幼少期の声が段々と低くなるだけ。が、男の子の声は数年間でガラリと変わると知った。多分毎日聞いている家族はそう感じないのかも知れないが、私にとっての甥っ子の声は3年前以前のものが記憶されていて、今の声がなかなか一致しない。にしても!叔母バカと呼ばれてもいい、私立のレベル高い高校に推薦合格、見た目もイケメンに成長し性格も優しい完璧な15歳に育ってくれて嬉しい。今夜は姉夫婦が持ち帰り寿司を予約してくれており、姉一家で取りに行ってくれた。
b0374179_18323622.jpg
その隙に甥っ子の赤ん坊時代のビデオを見る。甥っ子の前であえて見たいわ!というデリカシーゼロの母上の意見は私がやんわり却下。思春期には親戚一同に目の前でビデオ見られてあれこれ言われるなんて嫌なはずだから。他者の気持ちを想像出来ない母上を、私が代わりに止める。ああみんな若いなぁ、15年前かぁ。赤ちゃんの甥っ子が激しく可愛い。

久しぶりに皆揃った夕食では、母上の愚痴トーク全開。私にとっては全ては過去になり、むしろ思い出したくもない事ばかり。それを面白おかしく母上が義兄に話す。義兄はそのせいで食事する箸が止まってしまっていた…せっかく来てくれたのに。夫が倒れてから今までを目を輝かせて茶化しながら語る母上を見て、つくづくこの人は人の気持ちを分かってあげられない人なのだな…と呆れた。本人が忘れようとしても、彼女はいつまでも私の忘れたい過去を忘れさせてくれない。

言わせて頂くと、私を一番苦しめたのは大病した夫でも夫一家でもなく、母本人だ。彼女が私の一番苦しかった時期に私を殴り罵声を浴びせ、苛め抜いた事は忘れない。彼女はそれを人に「私が親身に助けたから今があるの、我が子が苦しい時は親は必死に助けるものよね」と本気で信じて語る。私はその口を、いつも引き裂きたい衝動に駆られる。黙れ、私を自殺を考えるまで追い詰めたのはお前だ!!と。もう一つ、私がちょっと鞄に本でも入れていようものなら「御所楽ね~旦那が障害者なのに悠長に本なんか読んでるんだ。私なら悩み苦しんでるわぁ~、朝から晩まで悲観して床に這いつくばるわ。ドラマ見たり本読んだり出来て、あんたの性格はパッパラパーで逆によかったわね(笑 でも私、あんたの立場なら出掛ける時も化粧やピアスなんて出来ない」とも。旦那が障害者だと、バスの待ち時間に少し本を読む事も許されないらしい。

一生死ぬまで毎日我が身や夫を呪い、泣き叫びなさい。外を歩く時は化粧せず下を向いて歩きなさい。あんたの旦那は障害者なんだから。

娘にこうアドバイスする母親が、この世には実際に居るのです。多分大半の人は信じられないと思うけど。色々あったけど前を向き、元気でいる事を小馬鹿にし毎回責める。こんな母親にだけは心底なりたくない。そういう意味では最高の反面教師だ。私と姉は自分がされてきた事は子供にせず、自分がして欲しかった事を子供にして育てて来た。そのように育児が出来たのも、ある意味母上のお陰だ。

夕食後は娘が寂しがり泣く前にと、7時過ぎに帰宅。娘は帰宅後、昼間スーパーで買ったベーカリーのドーナツを半分食べた。いつもむしろ食の細い娘が欲しがったら、これくらい量と時間を鑑みて食べさせる。今日も半分割ってあげ、9時半に就寝させた。が、一時間程したらなにやら寝ながらべそをかき出した。(これより尾蘢な話があります)




寝ている途中でむずがる時はたいてい高熱が出ている時。体の異変が分かったので駆け付けると、娘はいきなり起き上がり滝のように吐いた。原因はベーカリーのドーナツしかない。悪くなった油を使った惣菜に中った経験は私も何度もある、それだ。娘はむしろ吐かない子で、乳児の頃から7歳までに吐いたのは数回しか無い。それだけに娘自身が吐いた事にびっくりしてしまい、泣き出した。不安と苦しさに泣く娘に、あえて冷静に「大丈夫、出すだけ出していいから」と声を掛けた。そして「ママもよくあった、食べ物が古いとたまになってしまうの。心配無いよ、辛かったね」と言い落ち着くまで抱っこをした。二枚重ねの敷き布団カバーは二枚とも丸めて捨てる事に。シャワーを浴びさせ着替えを終え、温めた麦茶と子供も飲める胃薬を服用させ、一時まで様子見。何回かおきに聞くと大丈夫と言う。一度で全て出きったらしい。高熱も無いし心配は無さそうなので、明日は登校させる事にし再び寝かせた。

姉と帰省中話したが、母上はこんな時も子供を痛め付けるのに余念が無い(笑 子供が怪我をしたり病気になった時、親は不安を少しでも取り去るのに必死だ。まずはどんなに動揺しても顔に出さない。だが母上は「あああ~!血がこんなに!もうダメよこれ!傷が塞がらなくて雑菌入って死ぬわ」や「吐いてばかりでイラつくわ、あーあ脱水で死ぬかもね」などと泣くまで言う。すやすや寝ている娘の頭を添い寝して撫でながら、姉といつか言い合った事を思い出した。「ママ(母上)って子供が怪我しても病気でも、とにかく最終的に死ぬって言うよね」と言っていたのに苦笑い。だが笑い事ではない。私は我が子を煽って泣かせるなど、完全に狂っているし糞以下だ。と、思えるまともな自分でよかった。

# by eriririririn | 2019-03-21 22:04 | 退院後。 | Comments(0)

姉一家里帰り。

金曜朝は、アラームとともにピョンと飛び起き娘を送り出し、夫の支度もスムーズに通所施設に送り出した。一人になったら掃除機掛けをし室内に消臭&フレグランススプレーを振り、終わったら姉用の布団セットをおろす。その後はソファーとリビングの絨毯を専用シートで拭き掃除も。姉は16日に着きお泊まりは翌日、その一日前に用意を万全にした。全てが終わる頃、母上様からわが家の布団を借りたいと電話が。「駅まで迎えに行くなら私も行くよ!」と言うと「あんた何言ってんの?16日は明日で今日まだ15日よ」と返った。

あーもーなんもヤる気しねーわーどうでもいいわーもー(笑

逸る余りに日にち間違えてた。家出る前に娘にも夫にも姉が来ると言ってしまったし、娘は「楽しみに帰ってくる!」とまで。明日でした、と伝えたら多分この世の終わりみたいな顔される。辛い。仕方ないので何もやる事が無くなった部屋で、ボーッと寝転んでしばし考え、映画でも見るかと思い付く。録画しておいた午後ロードをチェックした。午後ロードは繰り返し録画の設定をしており、好みのものが録れていれば残し以外は消す。最新の録画が何か確かめてみると、録れていたのはミスト。
b0374179_11590041.jpg
出た(笑(笑 超絶鬱映画。まあいいか、と思い見る事に。全部見ている時間は無いので後半を見た。そして見終えてやっぱり憂鬱に。これ…ほんま救いが無いのよなぁ…ダンサーインザダークと共に語られる鉄壁の鬱作品だ。お陰ですっかりテンションが更にダダ下がりだ(笑 ただこれ、PS4でゲームにしてくれたら絶対面白かったはず。 
b0374179_12551224.jpg
せめてもの娘への詫びに、今日のオヤツはちょっと良いものを。ピスタチオアイスが大好きな娘に、マカロンアイスを差し出す。帰るなり「早くジイジバアバの家に行けるように、すぐ宿題する!」と言う娘に「もっ…申し訳ない…ママが一日間違えていました、つきましてはお詫びにアイスをですね」とモゴモゴ。かなりがっかりされたが「楽しみが明日になったと思ってね」と言うと素直に了解しアイスを楽しんでくれた。これが三歳くらいの頃なら泣いて暴れまくったろうに、大きうなったのぅ。
b0374179_12580418.jpg
夕食もお風呂も終えたら、今日も恒例のバイオ6。クランクぐるぐるして鉄扉開けるなんて、男の仕事ですやん…。何開くの待ってスィーンと通っとんねんレオン(笑

翌日はワクワクテカテカしながら過ごし、娘が帰ったら姉を待つ為実家へ。明日は母上様は検査で病院なので、姉はわが家に泊まる。それを楽しみに出来るので今日は実家で母上の愚痴と罵倒がどんなにあっても耐えよう。そう思ったが今日も絶好調の母上は、父を罵倒し私を罵倒し姉にくだらない愚痴を聞かせ続けた。父は2階に逃げ私はいつもの事なので心を殺したが、久しぶりに会う姉は母上のマシンガンのような愚痴を吐く絶好の標的なので逃げられない。姉は目が回る程の愚痴に半日で死んだ。だが明日がある、明日が。だがやっぱり母上は、自分が許可したのに姉がうちに泊まるのを許せずご機嫌が悪くなる。。。
b0374179_00073915.jpg
姉がご馳走するからどこかに食べに行こう、と家族を誘ってくれたので私&娘のリクでマックへ。てりたま美味しい♪
b0374179_23165329.jpg
でもなんとか宥めながら翌日夕方、姉がうちに来て無事に泊まれた。夜はノンアル梅酒飲みながら姉とトーク。幼い頃~思春期は、母親にメチャクチャにされるのは自分だけだとばかり思っていたが、そうじゃない。姉は物心つかぬ頃から養育すら面倒がられ祖母に預けられ、また同居してからは私と同じく罵倒と虐待、成人しても嫌がらせを受け続けていた。私は手元で育てた分遠慮が無いから、好き放題痛め付けやすいのは分かる。が、養育を一時放棄した方の娘に同じ事して罪悪感は無いのか…?同じように、時にはそれ以上に姉まで痛め付ける神経が、改めて分からない。そして痛め付けていても、母は悪意が微塵も無い。私は聖母、私は最高の人間、娘はクズ、近所もクズ、自分に注意する奴や抵抗する奴は全て狂ったクズ、クズ、クズ、私は正しい!そう信じて疑わない。姉の過去をぽつりぽつりと聞く度実感するのは、母は二人の娘は上も下も差を付けず、どちらも同じだけ平等に虐待し罵倒し育てたのだなという事だ。私は痛みを共感し案じてくれる姉が居なかったら、逃げても追い掛け人生そのものをぶち壊してくる母に耐えかね、間違いなく自殺していたと思う。

翌日は朝から夕方まで母上は病院。検査は半日掛かるので夕食を食べて来たら帰りは確実に5時前後になる。それが分かっているので気分は最高、朝は姉とパンやらハムエッグやらカフェオレやらで優雅に朝食を食べ、コーヒーでも淹れよう~などと言い合っていた。そしてコーヒーが入った直後。鳴り響く家電。出ると母上で

「今日検査の日じゃなかったわ、だから改めて検査予約だけして帰る。ヒロ(姉)、すぐeriの家から実家に戻りなさいよ。そんな所居てもつまらないでしょ?実家のがいいでしょ」

と言われた。私は床に膝から崩れ、姉はテーブルに突っ伏した。ねえ神様、遠方から里帰りした姉とゆっくり過ごす事も私は許されませんか?なんで検査行ったナマハゲまたすぐ戻すのよ。と、神はこの世に居ないと悟ったが(笑 なんだかんだで帰りが遅くなってくれたので、半日は母上から逃れ過ごす事が出来た。だが母上がご帰還したら私達も飛んで実家に戻らないとならない。夕食は外食して来たという両親に気遣い「私らは買って食べるよ」と連絡しスーパーでパスタなど買って実家に行ったら、なぜか不機嫌になりながら台所に立つ母上。「え、夕食買ってきたよ?作らなくていいよ」と言う私に、母上は「そんなわけいかないでしょ!!作らないわけにいかないのよ!!ああ疲れた!!肩が痛い!!」と怒鳴る。

母上は自分が介入する必要の無い事に自分がやらなきゃ!と介入し、後から「あたしばかり大変!腹が立つ!許せない!」と激怒するのがお家芸。思えば疲れる人生で可哀想にもなるが、分かるように説明し介入する癖をやめるようやんわりでも注意すると、理解が出来ず余計パニックを起こし泣き叫ぶ。完全にキチ◯イの母を精神科に連れ薬を飲ませるよう私も姉も再三父に言ったが、その父が聞かず野放しにしているのでどうにもならない。そしてあたしがやらなきゃ!のパニックの末出される強制親子丼。買った夕食の意味が無くなった。そして私が帰る時間になり、姉はまた午前二時まで続く母上の愚痴聞きを思い死んだ魚の目になった。すると…娘が姉にもう一泊して欲しいとシクシク泣き出した。私と姉は娘に心でグッジョブ!と言いながら「子供のお願いを無下に断るのは…ねぇ~」「ぅう~んそんな事言ってねーねを引き止めちゃダメだよぉ~」「あーでもここで泊まらない、と断るのは可哀想だからぁ」「じゃあ~ここまでシクシクするなら~」と、娘を宥める為仕方なくのテイでなし崩しにまた我が家に一泊するよう持っていき
b0374179_00385748.jpg
実家から我が家に姉も一緒に帰り二日目も晩酌。ねーね、今日もhanaのお家にお泊まりして欲しいよぅ…と小声で泣いた娘には、後で理由は言わないがご褒美を買おうと思う。君のお陰だ。最終日は甥っ子と義兄も来る。内心は、里帰りさせては何回かに一回、必ず「絶縁だ!二度と来るな!」と娘を蹴り出す母親のもとに嫁を送り出す義兄は、心配が尽きないはず。それでも帰らないと帰らないで暴れるので、帰すしかないが気が気じゃ無いよなぁ。。。

# by eriririririn | 2019-03-19 19:37 | 退院後。 | Comments(0)

バイオ6と黄緑冷蔵庫。

私は十代の頃から宵っ張りだ。ギリ睡眠薬は使っていないが、普段は早くて2時頃遅いと3時に就寝している。だが三十代まではそれでも元気だったが、三十代の後半になるにつれ辛くなってきた。朝は娘が居るから絶対6時半に起きるが、昔はそのまま起きてまた3時就寝だったのに、今では昼間眠くて仕方ない。就寝は2時までに、せめてそれが続くよう頑張り中。そして今日も少々眠いがうたた寝しないようにしないとなー、と思いながら支度をした。
b0374179_23023001.jpg
ブランチは昨夜出せなかった海鮮丼。置けば置く程鮮度が落ちるので、夜まで待っていられない。たっぷり乗せたサーモンが甘くて美味しかった。ブランチ後は役所や税務署にあれこれ確認の電話をする。個人事業主ではないので必要無いとは思うが、不動産売買があった年はやる必要があるはずだから。(役)あります、税務署が管轄なので税務署に電話して下さい→(税)いや~、役所でまず◯を確認してですね、あと△を出して下さい→(役)それは□なので大丈夫です。と、何回も二つの機関をピンポン玉のように回され、挙げ句の果てに「売れた家がクッソボロ過ぎて、利益どころか買った時よりマイナス800万とかだから申告いらねーわ」という結果に。ナニこの無駄な時間(怒 不動産売買はあっても利益は全く出ていないと、初めにこちらから言っているのに。疲れた。

午後は娘を迎えに行ったら、Tちゃんが先にランドセルをおろし娘と歩いていた。一度ランドセルをおろすのに家まで来て貰い、ついでにおやつを出し食べてもらったらキッズケータイを渡し見送った。娘の遊び場は二つあり、一つは少し遠くもう一つは家の窓から見える。時折様子を見る事も出来るし、帰る時も娘にコールし「窓から見てるからね~」と手を振るなどやりとりが出来、親の目が届くので助かる。どこにどんな変態が潜んでいるか分からないから、遊びに出られると無事に帰るまで心配は尽きない。帰宅後娘は宿題、私は監督しつつスマホいじり。ちゃんと進めているのをチラ見しながら、しーちゃんのごちそうというマンガ作品を電子コミックで読んだ。かまどの羽釜で炊くご飯のおこげ、海苔や椎茸のお弁当など昭和ならではのご馳走がとても美味しそう。
b0374179_23291860.jpg
そして、冷蔵庫や洗濯機あるのにダルいやりたくないとぶつくさ言ってばかりの自分を恥じた(笑 楽してるのに文句言ってごめんなさい、昭和のお母さん達。夕飯は今夜は豚フィレのソテーマスタードソース、付け合わせはブロッコリーとアスパラとじゃがいも。サイドは水菜のサラダと温泉玉子。マスタードソースは肉を焼いたフライパンに蜂蜜、醤油、粒マスタード、赤ワイン、バルサミコ酢を少々入れて熱して作った。せっかくシャレオツな料理を作ったのに、撮った写真をうっかり他の写真とともに消去してもうた。。。食後は久しぶりに娘のリクでトランプで遊んだ。
b0374179_00202067.jpg
夫は右手が全く動かせないので、当然トランプ遊びも難儀する。そんな時は私の手が夫の片手の役を果たす。扇型にしたトランプを持って固定するのは私、選んで出すのは夫。言語機能は壊滅的でも数字やゲームの法則の理解は健常と同じなので、遊び自体はスムーズに行えた。文字通り、私は夫の片腕。お風呂も歯磨きも終わったら、今夜はバイオリメイク2ではなく、バイオ6。久々に6をやってみると、やっぱりリメイク2より簡単だ。あとこれはこれで面白い。
b0374179_00355737.jpg
何が面白いって、ヘレナが良いキャラ過ぎる。教会に連れて行って欲しいと懇願するヘレナ。非力な一市民、しかも女性を連れてゾンビだらけの街を通り抜けるなど、元警官で今はエージェントをしている戦闘に長けたレオンにしたら、一人なら余裕なのに女性を連れるなど足手まといでしかない。でも優しいレオンは承諾し、ヘレナを守りながら教会に行く約束をするのだが…このヘレナが、レオンどころじゃない怪力&瞬発力&体力で笑ってしまう。
b0374179_00372335.jpg
側をウロウロするレオンが完全に空気。ゾンビ見つけたら、もはや銃すら使わず素手でぶん殴る。
b0374179_00384278.jpg
渾身の腹パンチ。からの倒れたゾンビの首を足蹴り。
b0374179_00394600.jpg
しまいにはゾンビの髪の毛掴んで引きずり回す。レオンより強いと思うこの人。レオンも多分「俺が連れていく必要ある?お前だけで行けるじゃん…完全にメスゴリラじゃん…」と思ってるはず。と、いうのはプレイヤー選択でヘレナを選んだからレオンがサブに回っているだけなのだが、ヘレナが全部倒すからやる事なくてヘレナの後ろウロチョロしてるだけのレオンが、情けな可愛くてつい力関係を想像し笑ってしまうのだ(笑
b0374179_01292505.jpg
遊んでばかりもいられないので、娘を寝かしつけたら明日の朝食の準備。栗ご飯を炊いてお握りにしておいた。明日はこの栗ご飯お握りと梅干しお握り一個ずつと、青菜のお浸しと玉子焼き。梅干しお握りは海苔パリパリで食べる為、食べる直前に作る予定。良い梅干しを買ったので明日の朝が楽しみ。翌日はそのお握り朝食を夫とゆっくり食べ、食後は私は家事、夫は自室で作業。終わったらそれぞれリビングに来て二人でマツコの知らない世界を見る。
b0374179_01122045.jpg
マツコの「そう言えば昔、黄緑家電ブームあったわよね」の台詞と共に映された冷蔵庫を見て、胸が切なく苦しくなった。2017年まで我が家は使っていたから。日立製の黄緑冷蔵庫は、祖母が一人暮らし時代に使っていた→同居時実家に来た→私が結婚した時、要らないから使えと言われ持ってきた→私が15年使い続ける、という経緯で多分製造から余裕で40年は稼働していたと思う。一年型落ちなどならかなり安く買える冷蔵庫。三年目くらいに買い換えようとしたが、ふと「いつまで動いてくれるんだろう…どうせなら寿命を見届けたい」と思い、買い換えはやめた。結果2017年になってもヒエッヒエに冷やしてくれており、まだ壊れる気配は無かった。当然引っ越し先にも持っていく気だったが、両親から「運んでもどうせ一年で壊れる、設置の手間を掛けるなら捨てて新品買い入れろ」「電気代ばかり食って仕方ない」「バカか」「アホか」と罵倒され、泣く泣く買い換えた。あの時の切ない思いが甦る。もしも今も付き合っていたら、まだ君は私のプリンを元気に冷やしてくれていただろうか。一曲書けそうだ、それくらい思い入れがあった。なにしろ今ググッても、同型の画像が出てこないくらい古い物だった。多分2017年に使用してたの、私を含め世界で三人くらいだったはず。それを思うと日立の家電は優秀とも言える。ダテにふしぎ発見のスポンサー長くやってない。
b0374179_20030823.jpg
夕食は今夜はチキンの和風サラダなど作ってみた。チキンはオーブンローストして一口大に、朝の残りの玉子焼きを散らしドレッシングを掛けたら出来上がり。ドレッシングは大根おろし、ポン酢、胡麻油、おろし生姜入り。
b0374179_20061851.jpg
それと私と夫は稲荷寿司、花麩を入れた薄味のすまし汁も。酢飯が嫌いな娘には、代わりに何か作ってあげなくてはならない。
b0374179_20095533.jpg
何がいいか娘に聞くとスパゲティーとの事なので、たらこスパゲティー。今夜は早めにお風呂に入り、空いた時間にまたバイオ。相変わらず空気なレオンに代わり頑張る。リメイク2と違い6はかなり操作が簡単で血液表現も少ないので、娘だけでも謎解き、闘いの両方出来る。武器の替え方もマスターしたので今夜は娘に任せて、私は娘のプレイを見ながら側で耳掻き。
b0374179_20184310.jpg
012の三桁を組み合わせるだけの簡単なパズルなので、娘だけで解いて貰った。樽や箱は足で蹴ってバラバラにして中身を出す、ゾンビはおろか中ボスまで素手でぶん殴るヘレナを見ながら、思わず耳掻きしながら「荒いわね~…」と呟くと、夫が噴いた(笑 ほんとこの人レオン居なくていいし、むしろこの人がレオン守ってやってる。
b0374179_23535106.jpg
あとレオンが役立たず過ぎてもう(笑 たまに後ろからハンドガンで加勢する以外は、アイテム拾わないし仕掛け解かないしでただヘレナの横で棒立ち。テーマパークとかで奥さんベビーカー引いてもう一人の子の手を引いて荷物全部持って財布出そうとしてるのに、横でボケーッと突っ立ってる旦那状態。

# by eriririririn | 2019-03-13 23:59 | 退院後。 | Comments(0)

炊き忘れ。

土曜夜、皆が寝静まった後マツコの知らない世界のたらこスパゲティーの回を見返し、分かっちゃいたのにまた悶絶。マツコの食べ物回は絶対に食べたくなるから夜中に見てはならないのに。卵黄とたらこのパスタがたまらない、と、ソファーに寝転がりながらハアハアしていたら脳裏に過る冷蔵庫の中身の映像。病院のバス待ち中買ったたらこが、今冷蔵庫に鎮座している。
b0374179_23340050.jpg
たらこスパゲティーの材料って、まんまご飯にも合わないだろうか。そう思い付き、パスタではなくご飯に乗せる為深夜のうちにたらこを皮から出しほぐしておく事に。たらこにバターにご飯って、ダイエット中の禁ばかり。でも私がダイエットしても拒食症に陥らないのは、この“食べたい”と“おいしい”をダイエット中は普段より意識するお陰だと思う。せっかく食べるならこの時だけは罪悪感は忘れちゃえ。
b0374179_23442022.jpg
で、翌朝はご飯半分にたらこ&バター&卵黄、それと和え物やいくつかの多めのおかずで朝御飯。ああやっぱりご飯も合う、最高に美味しい。たらこって凄い、大概の主食に合うから。パン、ご飯、パスタ、ピザ、この際ナンも。って事でたらこバター卵黄ご飯醤油ちょろ、は脳が溶けかける程美味しかった。

日曜朝は大好きなたらこと共に始動、午前のうちに気になっていた衣装ケースの位置を変えるプチ模様替えと、中身の断捨離をした。断捨離といっても着ない服数枚でたいしてすっきりもしないが、置きっぱなしよりはマシだ。その後は娘と一緒にレアチーズデザートを作った。食べきれず冷凍しておいたマタタビの実と剥いた伊予柑をチーズフィリングに混ぜ、作ったのはフルーツレアチーズデザート。フィリングはクリームチーズ、砂糖、ゼラチン、レモン果汁入り。
b0374179_14340420.jpg
伊予柑とフィリングを混ぜて皿に流し込んだら、上にマタタビの実を飾って完成。濃厚なチーズの中にほぐれた伊予柑の実がプチプチした食感でアクセントになり、とても美味しく出来た。昼は通所施設からの連絡に目を通したり夫に宿題をして貰ったり。夕方にはジジババが娘を迎えに来て三人はスーパー銭湯&夕食に行き、私と夫は家で過ごす。
b0374179_19470229.jpg
こういうトコの掃除は思い付いた時にやらないと、半年後まで多分汚いまま。なので冷蔵庫のポケットを外して洗った。台所に居るついでに夕食の調理も。
b0374179_19501749.jpg
今夜は超簡単に焼肉丼。肉を焼いたら味噌焼肉のタレで味付けし、半熟目玉焼きとともに丼に乗せたら胡麻と水菜を振って出来上がり。今夜はこれに人参ともやしのナムル、食後にパイナップル。タレが少なめに見えるが味はしっかり付いており、半熟の黄身を絡めて食べると美味しかった。夜は恒例の家族でバイオ。CAPCOMの人も、まさかバイオハザードが一家団欒の中プレイされているとは思うまい(笑 クレアsecond編はやたらめったら銃が手に入る。強い銃ならまだしもハンドガンばっか4丁もいらんわ、邪魔だ。
b0374179_00570967.jpg
からの、志村~うしろ~!状態。超怖い。
b0374179_00584198.jpg
リッカーに飼い猫も釘付け。シャーシャー言って素早く飛び回るから、虫や小動物などの獲物に見えている模様。ポータブルセーフの解読は夫と娘に任せお茶を飲んだら、またタイラントとの追いかけっこをし適当なトコでセーブ。

家族を寝かせたら今夜は読書。安孫子武丸の『殺戮にいたる病』を読み進めた。小説を読めるようになった小学五年頃、姉が持っていた赤川次郎の本数冊をくれた際、登場人物を芸能人に当てはめると読みやすいと教えてくれた。ただ読むよりずっと分かりやすくのめり込めるその読み方を、私はずっと今も続けている。少し強面の刑事野本は伊原剛志。老いた元警官の樋口は少し若い頃の平泉成。こう思い浮かぶと、私が文字を追う毎に二人が勝手に頭の中で動きだし、物語を演じてくれるのだ。まるで読みながらドラマを見ているような感覚で、普通に読むより数倍楽しい。というか、この読み方しかもう出来ない。時にはしっくりいくキャスティングが出来ないと、本を一旦閉じ考え込む事も。そして“三十代、メガネ、中堅刑事”で野間口徹を思い付くと、また読み出す。

読み進めるうち、思わず苦笑してしまった。マスコミは嘘をどうとでも取れるように書く。昔の洋画か何かだったか…出版社の上司が「見出しは、明日大風が来ると煽って書け」と言った。部下が「もし予報が外れ、大風が来なかったら翌日の見出しは何と書けば」と問うと、上司は「大風の心配、去ると書け」と返していた。だが私はそれを悪いとも思わない。彼らは嘘をでっち上げてばかりではないから。嘘は半分、もう半分は事件や事故、災害をちゃんと伝えてもいる。

そしてつくづく、世の中が便利になるとミステリは書きにくくなると痛感した。十角館の殺人を読んだ時も思ったが、殺戮~もそう。2019年にはこの物語は現代劇として書けない。すでにスマホを持つのが当たり前の世界に、後半の展開を書くのは不可能といえる。だがまた、今の世なら今なりの機器を駆使したトリックが生まれるのかなぁ。

テレビも消した午前二時。静かに読書してはいるが、このキャラのキャスティングはあの俳優か、いやあっちの芸人のが近いか、マスコミといえばそうそう…。など、頭の中はあれこれ考えているので結構賑やかだったりする。

翌日はかなりの雨風。心配ながらも娘を送り出し、軽く掃除をしたら待ちきれず昨日の続きを読んだ。が、一度読み出すとあっという間に時間が過ぎてしまうので気を付けながら。夫の起床に合わせて本に栞を挟み、朝食を出した。
b0374179_15414809.jpg
ネットスーパーの商品を受け取ったら夕食に出すサラダ作りも。じゃがいも、ハム、ブロッコリー、アスパラ、マカロニ入りのポテトサラダは食べ応えがあってお気に入り。見た目が水っぽく見えるが、食べるとじゃがいもはホクホク全体はしっとりで丁度良い塩梅。作り終える頃電話が。この時期はあっちからこっちから、夫の障害度の確認をしたいとの依頼が入り、今日もそれ。

ほんの僅かでも回復していたら、福祉サービスや介護サービスの利用をやめさせる、または払う金額をもっと多くする。それがお国の願いであり、当たり前の事。より重く本当に困ってる人に使われるべきものだから、毎年必ず回復度を細かに見る必要がある。また詐病による障害年金等の不正受給を、徹底して防止する為でもあるのだろう。我が家は障害年金は貰っていないので関係無いし他の事も承知の上だが、いっぺんにやれや!!とつい思ってしまう。「Aは二日に訪問調査」「Bは五日に訪問調査」「Cは病院に行き調査」…何回も何回もいろんな機関から来る判定人を招き長時間細かく聞き取り調査をされ、本人も何度も固まった体の関節という関節を何度も無理に曲げられいじくられ、喋れないのに喋ってみろと言われ、かなり消耗する。次の訪問日を決めたら、お次は掛かり付け病院からまた電話。また別の公的機関から夫の症状をくまなく診ろ、と依頼が来たから病院に来いという。

いっそAもBもCもDも全員同じ日に来て、一斉に夫を見るストリップ劇場方式にしてくれないだろうか(笑 その際はちょっとだけよ、なんて言わないから存分に曲げて伸ばしていじくり倒してくれていい。何度もやられるより一回の方が負担は少ないはず。真面目な意見を言うなら、一度に済ませて夫のデータを各機関で共有するとかは出来んもんなのかな。詐病を防止するなら、一度の調査に二人来て貰うなどして。とは思っても、どうにもならない。仕方なくまた診察以外の来院日も決めた。
b0374179_16021714.jpg
今日は311。当時を思い出しながらテレビを見ていたら地震の速報。思わずビクリと肩が上がった。関東はM9クラスが来る確率が80%との事。南海トラフも関東M9も、蹴り飛ばせるものなら地球の外に回し蹴りしてふっ飛ばしてしまいたい。だがどうしようもないので私に出来る事は、動けない夫と幼い娘をを抱え自宅で乗りきる為、防災用品を揃える事だけだ。

夕食は今夜は海鮮丼…。のはずが、まさかの米炊き忘れ ○| ̄|_ てっきりスイッチ入れたとばかり思っていたがまさかの7時に炊飯器の中が生米で、台所でしばしフリーズ。冷凍白飯のストックもゼロ。だがフリーズしてる場合じゃない、夫も娘もお腹が空いてしまう。とりあえずポテサラを出した他は、急ぎ冷凍お赤飯を温めたり魚を焼くなど対処。はー、こんな時は車の免許が無いのが悔やまれる。とにかく田舎過ぎて歩ける距離に何も無いので、外食もままならない。

夜はまた読書の続き。殺戮~の続きを読んだ。思いっきりネタバレしたいので未読の方はご注意↓




以下ネタバレ。叙述トリックの最高峰と言われるのが、この安孫子武丸の殺戮にいたる病と、綾辻行人の十角館の殺人だ。なるほど、どちらも読者を騙すのがとても上手い。でも殺戮~は、途中僅かな不自然さはある。大学生に向かい女子高生が「おじさん」と呼ぶ、母と娘“と”おせちを作ったという書き方など。でもそれら小さな違和感を包んで無かった事にしてしまうくらい、全体の文が自然で見事だ。特に一度最後まで読んでまた読み返すと、最後自宅に警察がやってきて白のセダンについて聞く場面に苦笑い。前半で稔が車は自分のものと言っていて、ラスト付近のセダンの聞き取りでも本来は夫の車、とある。稔が息子ではなく旦那とがっっっつり書いてた(笑 あと女性が読むには少々キツい。何しろ殺され方がえげつないから。多分作者も猟奇殺人の文献をもとに殺し方を書いているのだろうが、作者自身にそのケが無かったら、書くのも「うへぁ…」とため息つきながらだろうなぁ、とか思ったり。あとどうでもいいが、プロファイリングに出てきた実在の猟奇殺人鬼、エドゲインにエミールケンパーなどが、私が全てすでに別の書籍を読んで良く知った人物達だったのが、私もヤベー奴みたいでなんかちょっと(笑 

# by eriririririn | 2019-03-12 00:00 | 退院後。 | Comments(0)